婦人科で処方できる緊急避妊用ピルはウコンと併用可能

望まない妊娠は男女の両方に不幸となる場合が多いだけでなく、もしも中絶手術をすることになれば女性は精神面でも体の面でも大きなダメージを受けることになります。
そのため、妊娠を望まないカップルは避妊をしっかりと行うことが大切で、女性は避妊ピルを服用し、男性はコンドームを付けることでリスクを下げることが出来ます。
しかし、コンドームが外れてしまったなどの失敗が起こった時には、モーニングアフターピルという緊急避妊用のピルを服用することで受精卵の着床を防ぐことが期待出来ます。
緊急避妊ピルは産婦人科や婦人科のクリニックで処方してもらえますが、性交後の72時間以内に飲むことが必要ですので、避妊に失敗した時このピルを使って対処したいなら、速やかにクリニックを受診するのが良いでしょう。
また、女性が自分で望まない妊娠を避けるためには、日頃から避妊ピル(低用量ピル)を服用する方法がおすすめですが、こちらも婦人科を扱うクリニックで処方してもらえます。
低用量ピルは避妊効果があるだけでなく、生理が軽くなったり、月経前症候群によるイライラがなくなる、肌荒れやニキビが改善するなどの副効用があるため、多くの女性が利用している薬です。
ところで、これらのピルを服用する場合、一緒に飲むと避妊効果が低下する怖れがある薬があることに注意が必要です。
一緒に飲んではいけない薬としては、レボノルゲストレルという成分が配合されている薬だと、抗てんかん薬のカルバマゼピンなどがありますので、クリニックで薬をもらう時に医師に確認しておきましょう。
他に、健康食品のウコンはレボノルゲストレルと一緒に飲んでも効果は変わりませんが、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)の含まれる健康食品は効果を弱める怖れがあるので注意しましょう。
その他のピルも、薬との飲み合わせに気を付けることで安全に使用出来ますので、留意しておくのがおすすめです。

トップページへ